エディット武将・細剣



概要

装備は斬玉か氷玉か雷玉、氷玉と雷玉なら仙丹背水も欲しい。

メイン攻撃は属性多段CDによるタイマン瞬殺。
(1)斬玉
俊足EDを推奨。
俊足の脚の速さなら斬玉CD後に前に歩くと吹っ飛んだ相手を再び拾ってハメられる。
(2)氷玉
氷玉装備時は背の低い少女モデルを強く推奨。
背が低い為、真空書を付けるとC5で凍った場合に追撃のCDも地上で当たり、計4Hitする。
また氷玉C5は地上で2Hitする2段技なので、凍るチャンスが2回あるのが強み。
C5の1段目は属性チャージ攻撃なのに地上のけぞり且つ追撃を当てても敵が浮かず地上のけぞりが持続するという珍しい攻撃。
この為、C5の1段目で凍らなくても2段目で凍らせる事があり、どちらかで凍ればCD地上Hitに繋げられる。
この凍結CDは「凍結+仙丹+背水」補正の追撃多段Hitで終盤の敵も即死させる高ダメージを与えられる。
斬や烈等の固定ダメージに頼らない通常ダメージ計算のコンボの中ではおそらく最大威力。
敵の割り込みが激しくてCDを使えない場所では「凍結→乱舞(地上Hit)」も中々の威力で横槍の心配がない。

集団戦はどちらかと言えば不向きな方だが、C4の人間爆弾を上手に使って敵集団を纏める。
C1やC3もそこそこの攻撃範囲を持ってるが攻撃を喰らうと浮いてしまうので信頼性がイマイチ。
浮かされる心配のないC4と弾き返しをメインに据えた方が安定する。

タイマン能力の高さと集団戦の位置取りのシビアさから、移動速度速めのモーションと相性が良い。
知略タイプは鉄板、俊足や標準タイプも中々強い。
N攻がズンズン前進するので、移動の遅い重量や突撃は左右から割り込まれやすく相性が良くない。
もし攻撃力の高い能力タイプで細剣モーションを使う場合は、騎乗C攻の片側2回攻撃(C攻だが地上のけぞりHit)の強さを上手に活かして移動力と攻撃範囲を補いたい。
特に重量タイプは絶影鐙があれば騎乗攻撃力の高さを活かせて心強い。
逆に細剣モーションで多用すると思われる知略や俊足タイプは騎乗攻撃補正が低いので、敵が硬い終盤になると騎乗C攻はやや趣味の領域に入るかもしれない。

11武器は付加効果が弱く、特に青龍胆が付くのが困り物。
ただし翔靴が付いてる点は俊足や重量タイプならジャンプ高度が普通になるため象に乗った武将に近づかれても怖くなくなるし、
青龍胆も炎玉の燃焼コンボに使う場合は無双ゲージが長いとダメージが上がるなど、使い方次第では意味がある。
乱舞はモーション補正が異様に低くされてるので、凍結乱舞以外はダメージは期待できない。
氷玉と炎玉時以外は緊急回避に割り切って使う。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-23 (月) 01:55:38 (858d)