孫権(そんけん) Sun Quan



基本情報

名前孫権(字:仲謀)
出現地域長沙
出現時期演義:16ターン目以降
戦闘技能激励
使用属性なし
個人目標武勲12000
支配地域数5
支配地域数8
支配地域数15

目標が支配地域数だらけ。ただ曹操や袁紹に比べて目標数値の設定が高い。
支配地域数という性質上、その僅かな差でも随分育てやすさが違う。
武勲12000と支配地域数5は比較的早く達成できるだろうが、そこから先は侵攻の進捗次第では達成が遅れるかも。


技考察

通常攻撃

N1~N3までは父孫堅と同じ動き。その後は丁度孫堅のN4とN5を逆にした様な攻撃範囲。孫権の場合はN4がやや範囲の狭い斬り上げになり、N5でまたN3と同じ広範囲の横斬りに戻った後に、N6でまた少し左右に範囲の狭い袈裟斬りになる。
基本的には前方180度をカバーする広範囲の横斬りが多く、モーションスピードも標準的で十分な速さと隙の少なさを持っている。
小集団までならN5途中止めの繰り返しが敵を吹き飛ばさずにダメージ効率が良い戦法となる。ここから敵の状況次第で、再度N攻に繋げるか、C5やC4等で一旦〆るかを決める事になるだろう。
N6は前方へのリーチと威力は大きいが敵を吹き飛ばすので攻撃のターンが一旦中断する。ちょうど敵体力を0にできるトドメ時や、敵を吹き飛ばして分断したい時に使っていくだろう。特に雷玉装備時は敵を吹き飛ばす技が減るので重宝する。

チャージ攻撃

C1

ガード不能打撃投げ。敵を掴んで斬り上げた後の2撃目の横に斬り払う動作に属性が付いて周囲の敵も巻き込める。
ダメージは全く期待できないが、掴んだ瞬間から無敵状態になれる。最後の属性付きの斬り払いが前方180度をカバーするので、雷玉時等は比較的広範囲の敵を巻き込める。
雑魚集団を集めて斬っている時に背後から武将が近づいてきた場合など、咄嗟に近くの雑魚にC1を当てて無敵状態で武将の攻撃をやり過ごしつつ雷の発生に巻き込む等も可能。他にも虎戦車に対して無敵化しつつ攻撃を繰り返す手段として使える。

C2

あまり性能の良くない浮かせ技。発生がかなり遅く、ガードされた後の隙も大きい。使うならC5を使った方が良いだろう。

C3

左袈裟斬り→右袈裟斬りを1回~最大3回繰り返し、フィニッシュ部分は水平斬り→縦斬りのコンビネーションで〆る。
残念ながら属性が発動しないCRである。更に最後が左右に範囲の狭い縦斬りなので空振りしやすく、〆の攻撃が当たらなかった左右の敵から反撃を受けやすい。
以上の2点から、非常に使いにくいCRになってしまっている。父孫堅とは違い、あまり出番は無いだろう。
CR耐性はちゃんとあるので、弓兵を始末するのには使える。後は弱っている雑魚集団へのトドメ(〆部分の縦斬りの空振りに注意)等に。

C4

右から左への袈裟斬り→左から右への横薙ぎ払い、の2段斬り。2段技に見えるが、同じ敵に対しては1回ヒットしたら以降の攻撃判定が消失する。例えば凍結した敵に当てても、1体の敵に対しては1ヒットしかしない。またどちらがヒットしても敵を吹き飛ばす。
2段斬りというより、攻撃判定が長時間出っ放しの1段斬りと捉えておいた方が良いかも知れない。属性効果はどちらでも発動する。
基本的な攻撃範囲は前方180度になる。2段目を出す前にスティック方向調整で孫権を時計回りで少し右を向かせると攻撃範囲が少し広がる。
ややリーチが短いのが難点だが、前方に敵集団を捉えている範囲では攻撃判定の持続時間が長いので結構使える。特に雷玉と鉄甲手を装備した状態では強引に敵集団を雷に巻き込んでダウンさせる事もある。

C5

かなり高性能なCD。雷玉時や氷玉時もCDが地上ヒットして大ダメージを与えられる。特に雷玉装備時は、C5を当てた相手には地上ヒットのC5+CDで高ダメージを与えつつ、周囲の雑魚も落雷に巻き込んで着地時の周囲の安全もフォローできる効果がある。
雷玉装備時は特に孫権の主力技となってくれるだろう。斬玉時も攻撃範囲と攻撃速度の早さから、CDを連発すれば単体~小人数に効率よく大ダメージを与えられる。氷玉凍結時もCDが使用可能なのも有り難い。
C5自体も攻撃発生も早く、攻撃範囲も左横~右斜め前方を斬るので前方に敵を捉えていれば確実にヒットさせやすい。
CDの攻撃範囲が前方から右横方向にかけて広いので、C5を当てた相手以外の他の地上の敵にもヒットする事がある。集団をやや右寄りに捉えておくと、CD時により多くの敵を巻き込める場合が多い。

C6

横斬りタイプの単発の属性付き衝撃波を放つ。出が少し遅いが連続技で繋がる位の発生速度はある。縦長に密集した集団に対しては効率が良いが、横長の集団に対しては意外と狭い幅の相手にしか当たらない。
左右後方への攻撃範囲は無いがその分前方に長い点を生かし、敵との距離によってN6と使い分ければ良い。雷玉を装備すれば攻撃範囲をかなり広げる事が可能になる。

その他

D攻
右上から左下へ斜めに斬り付ける。雷玉時は敵を遠くに吹き飛ばす技が減るのでD攻やN6が貴重な吹き飛ばし技になる。集団への初撃にD攻で吹き飛ばして分散させ、N攻を使いやすくできる。

J攻

右肩側から左斜め下に斬り付ける。左下方向に判定が長いが左右への攻撃範囲が狭いのでやや当て難い。CDを出した後の着地までのフォローとして使う。

JC

ごく普通の性能。CD後の着地点に瀕死の弓兵が居る時などに。

弾き返し

C4のモーションなので弾き返しも2段斬りの動きになる。剣を振っている時間が長いのは防御技として便利だが、そのままだと前方180度位迄しか剣を振らない。斜め後方にも敵が居る場合はスティックで方向調整して少しでも攻撃範囲を広げておこう。また敵の無双乱舞〆を弾き返せば、丁度無双後に二段目が当たる。

名乗り

「斬るっ!」使い方は他武将と変わらない。騎乗武将落としや、浮かせてから青ゾーン飛ばし等に。

騎乗攻撃

結構攻撃範囲が広い。武器レベルが低い時には相対的に騎乗攻撃の方がリーチがあるので使いやすい。ただやはり地上戦の方が威力があるのでメインで使う事は無いだろう。

無双乱舞

孫堅と同じく地上ヒット乱舞。孫堅と同レベル・同ヒット数なら、連続斬り部分のダメージ値もフィニッシュ部分のダメージ値も全て孫堅と殆ど同じ。つまり、かなり高いダメージが見込める。
最初の左右に連続斬りを繰り返す部分は孫堅と同じだが、フィニッシュは横に斬り払う。広範囲を攻撃できるのは良いが、リーチが微妙に短い。連続斬りの部分が当たった敵にも最後の横斬りが届かない事が起こりやすい。
玉璽取得時など、あまり連続斬りの部分を欲張り過ぎてヒット数を増やしすぎると、フィニッシュ部分が空振りしてしまうので、10Hitを越えたら適度な所で中断してフィニッシュに繋ごう。

真・無双乱舞

こちらは孫堅と違い、敵を浮かせてしまうので威力面では大きくパワーダウンする。ダメージ源としてはあまり期待できないだろう。
ただし、敵を浮かせる様になった事で途中から空振りする危険性も減り、フィニッシュ部分も横斬り3回が加わりリーチが伸びているので最後まで安定して繋がりやすくはなっている。


主な戦法

キャラ概要

基本的な戦闘能力は、父孫堅と同じくN5途中止めと地上ヒット乱舞で構成された手堅いバランス能力にある。孫権のC攻は属性玉が使えない時は効果が激減してしまうので、N攻と乱舞の地味な強さが光るだろう。
ただ孫堅と違うのは落雷CDという、N攻から繋ぐフィニッシュに相応しい技がある事。この為普段の立ち回りは孫堅よりやや派手目な印象がある。その分CRの使い勝手は孫堅より大幅に低下しているので、N攻とCDと乱舞、これらが主に普段の戦闘で中核となって構成されていく局面が多いだろう。
しかしあくまで戦闘の根幹を支えるのは優秀なN5止めの性能だ。そして要所でのC4やC6もN攻でカバーし難い部分を補ってくれる。N攻に割り込まれそうな危ない時も地上ヒットの無双乱舞がカウンター攻撃も兼ねていて攻守のバランスが良い。
地味で尖った強さは無いが、安定して強い。そんな手堅さが長所のキャラと言えるだろう。攻撃を構成する技もシンプルで分かりやすいので使いやすさは抜群。初心者でも安心して使っていけるだろう。

対集団

基本的に殆どの攻撃は前方180度までをカバーしているが、背後には隙があるので、常に敵集団を前方に捉える様に位置取りを行う。攻撃中の移動とN攻途中止め後の移動やJ攻等で、敵に背後を取られない様にする。時々N6等で敵を吹き飛ばし、集団が肥大化しすぎない様に上手く分断していこう。
孫権のC攻は属性玉が無いとあまり高い効果は得られないので、属性玉が無い場合はN攻途中止めを繰り返した方が効率が良い。N攻と乱舞を主体に構成すると手堅いだろう。
雷玉を装備している場合は、ヒット時にはCDやC4に繋いでいく事も選択肢に入ってくる。特にCDは単体の敵にダメージが高く、ついでに周囲の集団もダウンさせられるので単体用兼集団用として使える。
孫権の雷CDは地上の他の敵に直接CDを当てられる範囲はあまり広く無い。どちらかと言えばC5を当てた敵にCD部分で大きなダメージを与えられる事が主体で、周囲の他の雑魚に対しては、威力の小さい雷部分だけヒットする事が多い。周囲に対してはダメージよりは着地時を周囲の雑魚に邪魔されない様にする安全確保の意味合いが大きい。
更に雷玉時はC6とC4の射程も広がる。近距離時はダメージ効率の良いN攻止めの繰り返し、敵の数が増えてきてダウンを狙う場合は180度をカバーするC4、それより少し離れた集団は正面の敵に出したCDの雷に巻き込み、更に遠くの正面方向の集団にはC6、と言った感じで射程距離の長さによって使い分けられる。
他にも斬玉時は単体用のCDと集団用のC4、氷玉時は凍結狙いのC4とC6の出番が多くなるだろう。
いずれにせよ危なくなったら即乱舞を発動して乗り切ろう。活丹装備時や11武器時は緊急回避だけだとゲージを持て余す事が多くなるので、N攻がヒットしたら乱舞を連続技にも積極的に組み込んでダメージを稼いでも構わない。

対単体

基本的にはCDに繋げていくのが主な狙いになる。雷CDだと敵が起き上がる前に背後からN攻を重ねる事ができるのでそのまま一気に勝負を決められるチャンスになる。CD後のダウンに受身を取られた場合も背後近くの有利な位置関係が取れるので再度N攻から攻めを続行しよう。
CRは〆の部分が当て難いので使い難い。めくりを狙いに行っても〆直前の横斬りはめくりヒットしたのにその後の縦斬りが空振りして反撃を受ける可能性がある。
逆に言えばワザと縦斬りを空振りして敵武将の反撃を誘い、無双乱舞をカウンターで合わせる様な誘い技にはなれる。敵の体力が残り少ないなら狙ってみるのも悪くない。
カウンター乱舞だけでもかなりの体力を奪えるので、一度乱舞を当てたら無理せず一旦離脱して雑魚でゲージを溜めなおしても良い。敵武将に追いかけられても、追いついた敵武将がD攻を出す寸前にジャンプすれば、攻撃の空振りを誘って逃げる距離をまた引き離せる。
雷玉時は雑魚集団に雷を当ててそれに巻き込んでダウンさせる機会も多いので、もし起き上がりに背後に立てるチャンスがあれば逃さず攻撃をヒットさせたい。

拠点制圧

孫権は突出した圧倒的な攻撃手段こそ無いが、無茶さえしなければ堅実に安定して戦える。
雷玉時は更に防御面が強化され、斬玉や氷玉時は攻撃面が強化されるが、属性玉が無くても十分に敵と渡っていけるだけの力がある。
11武器付加効果にもある活丹を装備すれば、無双乱舞の回転率が上がるので防御用だけでなく攻めにも乱舞を積極的に使っていける。オーソドックスな進軍ルートを取っていけるだろう。

エディット

【知略】…オリジナル孫権は成長タイプが守将晩成で終盤のステータスはかなり高い上に初期の移動能力もそこそこ高いが、知略タイプならオリジナルを超える能力値を目指せる上にアイテム枠も増える。
唯一無双ゲージがかなりオリジナルより長くなるので、緊急回避性能が落ちる点が問題。孫権の地上ヒット乱舞はあまりヒット数を増やしすぎると〆の部分が空振りするので適度な所でフィニッシュに繋ごう。
【標準】…比較的オリジナルに近い性能。無双ゲージはやはり少し長めになるが。
【堅守】…オリジナルより更に堅牢になる。防御と体力が大幅に上昇し、無双ゲージも短いので回転率が良い。ただ攻撃力と移動力が落ちるので侵攻戦よりは防衛戦に向いた性能になるかも。


属性相性

属性相性コメント
炎玉×C5→C6位で、あまり実用的な浮かせ技が無い。
氷玉凍結時もCDがヒットするのと、C6やC4等とも相性は悪くないので結構使える。凍った後に入れる技がやや決め手に欠けるか。
雷玉CDが単体に地上ヒットで大ダメージを与えつつ他の敵も巻き込め、対単体・対集団ともに孫権の主力技となれる。C4やC6との相性も非常に良いので、孫権の主力C攻を軒並みパワーアップできる。
斬玉C5・CDの攻撃範囲が優秀なので、単体戦での火力を上げつつ周囲の敵も少し巻き込んでヒットが狙える。攻撃判定の持続時間が長いC4や長射程のC6との相性も悪くない。雷玉の様に攻撃範囲を広げたり隙を補ったりはできないので、雷玉時に比べればやや慎重に戦う必要がある。
烈玉×攻撃力アップ系の装備品で固めればC6が稀に雑魚のガードを破れたりするが、あまり実用的ではない。
毒玉N攻と地上ヒット乱舞主体なので毒のダメージ1.5倍効果は有効活用できる。ただ敵を気絶させたり吹き飛ばしたり浮かせたりするC攻が多いので、毒効果の制限時間切れ前のタイムロスが大きい。

アイテム

装備可能アイテム数

武将レベル12345
アイテム数234

雷玉時は特に鉄甲手でC5とC4を補えれば多少強引にでも集団を雷に巻き込んでダウンさせやすくなる。
後はやはり巻き込み範囲を広げる真空書が欲しい所。
11武器時以外は活丹も乱舞の回転率を上げられて役立つだろう。N攻の攻撃範囲の広さと本人の無双ゲージの成長率が低いのが幸いしてゲージの溜まりは比較的良い方。


武器

武器タイプ:刀剣

レベル名前攻撃数攻撃力
1~3積刃剣414→17→20
4~6大積刃剣524→27→30
7~9皇狼剣636→40→42
10白炎皇狼剣644
11碧炎王647、玄武甲18、騎甲鎧14、七星帯15、活丹16

※10、11武器は常に属性が発動。
11武器は活丹のおかげで乱舞の回転率が高いのが有り難い。


特殊イベント

イベント名発生条件
次代への雄飛自勢力に孫権が居て、戦闘地域が合肥で、そのターンの戦闘に孫権が参戦し、その戦闘に敗北した場合に発生。孫権が再び決意を新たにするセリフ発生。
託された牙孫権の「次代の虎へ」イベントの発生条件。演技モードで、君主が孫堅で、孫堅が皇帝に就任していなくて、自勢力の支配地域数が4以上で、自勢力に孫策が居ると発生。選択肢に「はい」と答えると君主が孫堅から孫策へ変更される。孫堅は通常の配下武将になる。
次代の虎へ演技モードで、イベント「託された牙」が発生済みで、自勢力の君主が孫策で、孫策が皇帝に就任していなくて、自勢力の支配地域数が9以上で、自勢力に孫権が居ると発生。選択肢に「はい」と答えると君主が孫策から孫権へ変更される。孫策は通常の配下武将に戻る。
虎を継ぐ漢演技モードで、君主が孫堅で、孫堅が皇帝に就任していなくて、自勢力の支配地域数が5以上で、自勢力に孫策が居なくて、自勢力に孫権が居ると発生。選択肢に「はい」と答えると君主が孫堅から孫権へ変更される。孫堅は通常の配下武将になる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-23 (月) 01:55:53 (858d)