孫尚香(そんしょうこう) Sun Shang xiang



基本情報

名前孫尚香
出現地域長沙
出現時期演義:孫権勢力初期配下
戦闘技能挑発
使用属性CPU時使用属性:雷、得意属性:無し
個人目標武勲9000
武勲24000
支配地域数5
武器レベル6

オーソドックスに序盤から侵攻を積極的に進めて毎回出撃させていけば自然とレベルアップするだろう。
武器レベル6の条件があるので、名剣鍛冶や総合鍛冶を持つ地域を優先して攻めたい。
長安と許昌がどちらも名剣鍛冶で1地域しか離れてないので、長安-洛陽-許昌の大都市ラインを治めるのが早いだろう。


技考察

通常攻撃

護身用武器の圏を手に持ってショートリーチの斬撃武器として使う。攻撃発生速度は比較的早く、多くが全方位攻撃で回転速度もあるので信頼性はあるが、如何せんリーチが短い。
N1に比べてN2とN3の後方や左右への攻撃範囲が若干狭いのと、N1~N3の前方へのリーチは殆ど同じなのに斬る時に前進する距離が微妙に足りてないので、攻撃が途中で届かなくなったり、敵集団の奥の方の敵まで届かずにダメージ効率が落ちたりしてしまう。敵に対して「あと一歩踏み込む」感じを意識して使わないといけない。
孫尚香の脚の速さを活かし、敵雑魚の小集団相手には背後からいっそ集団にめり込む様な感じで近づいてから技を当てていこう。
なお、武器レベルによってN4~N5のモーションが若干変化する。武器レベル3以下(攻撃回数4回)時の〆のN4は回転斬りの後に一本足立ちでポーズを取る動作が入る。
武器レベルが4~6(攻撃回数5回)の時は斬りながら回転足払いを放つ。武器レベルが上がると見られなくなる割とレアな動作だがN4よりリーチが短いので使い難い。
武器レベルが4以上(攻撃回数6回)になると、N5はN4と同様の回転斬りになり使いやすくなるが、N6は何と圏を使わず後ろ回し蹴りを放つ。素手喧嘩とは実に漢らしいがリーチが恐ろしく短い。
基本的にどの武器レベルでもN攻の〆技のリーチが短くて性能が良くないので、N攻は全て出し切らずに途中止めかC攻に繋ぐ事になる。C攻が出せない状況だと判断したら、隙の少ないN攻途中止めで一旦様子を見て、再度攻撃を狙うか一旦離脱するかなどの判断を行おう。

チャージ攻撃

C1

孫尚香が側転で3回クルクル転がる姿を愛でる技。使い所があるのか悩む技だが、側転の最初と最後で属性が計2回発動するのがミソ。
多分唯一と思われる実用的な使い方としては、斬玉を装備して虎戦車の周りをグルグル回る戦車破壊体操だろう。ちょうど側転モーションの終了時間が虎戦車火炎の終了の直後と同じ位なのでタイミングが上手く噛み合って炎から逃げ回りながら側転を当て続けられる。属性2回発動の斬C1で3回も回れば大抵は1/6即死が発動して壊せる。
後はお遊び技だが、側転の3回目のみ敵を高く浮かすので、壁に密着した敵雑魚に側転の終わり際を当てれば、落下してくる敵に次の側転が当たり、後は側転で拾い続ける事ができる。
少しだけ壁に対して斜めにスティックを向け、側転の前進する速度を抑えると上手くいく。一応斬玉側転を3回も当てれば副将に即死も狙える。…が、実用性は全然無い。

C2

一瞬溜めてからの片手斬り上げアッパー。脚の速い非力キャラのイメージに反して発生速度がとても遅く少しでも離れてると連続技で繋がらない。そして真上に斬り上げるので正面しか斬れない。多分使う事はあまり無いだろう。

C3

孫尚香の主力技の1つ。武器レベルの成長でCRの追加攻撃回数が伸びるとかなりの距離を前進できるので結果的に多くの敵を巻込んだり、敵武将のガードの裏に回ってめくりヒットでダメージを与えられる様に成長する。
何と言っても判定が強いのが強みで攻撃終了まではほぼ敵に潰される心配は無い。しかしその後に甚大な隙が発生するので、敵にガードされると浮かされてお手玉されてしまう。
リスクも高い技だが、やはり発生の速さと判定の強さと威力の高さは魅力で、色々欠点も多いが何だかんだで孫尚香の主力と言って良い技には間違いない。
雷玉ならばガードされた敵が居ても、近くにヒットした敵が居れば発生する雷柱が連鎖発生する事で硬直を多少はフォローできる。ただ高難易度では火力に欠けるので斬玉で威力を補わざるを得ない場合も出てくるだろう。
なお弓兵の処理にもこのCRを使う事が多い。CR共通の特性として1発迄なら矢を喰らってものけぞらずに攻撃を続行できるので潰されずに弓兵5人を一掃できるだろう。ただ敵武将が近くに居る場合はCR終了後の硬直を狙われるので弓兵掃討はD攻やJCで代用しよう。

C4

孫尚香の主力技の1つ。攻撃判定の大まかなイメージとしては「∞」の字の様な感じで捉えておいて良いだろう。前方へのリーチがやや不足気味だが、左右方向へのリーチは非常に大きく優れている。
孫尚香の技の中では最も広範囲に属性付きの攻撃を出せる。しかし欠点も持っており、CRと違い出るまでがかなり遅く、出る前に潰される事が多いのが厳しい。敵に囲まれた状況でこそ使いたい技なのに囲まれてると潰されやすいのだ。使う時は若干離れてから使うようにしよう。
敵に攻撃の先端を最低でもガードさせれば手痛い反撃は受け難いが、完全に空振りして当たらなかった敵には反撃を喰らう位の硬直が存在する。
見た目よりも前方にはリーチが短く、その代わりに左右真横方向には結構長いリーチがあるので、使う時は敵が体の真横に居る位置関係で使うと良いかも知れない。90度真横なら敵の吹き飛ぶ方向が真っ直ぐになるので敵を狙った方向に吹き飛ばすにも向いている。
少し特殊な使い方として、C4の体の左右側面方向のリーチの長い部分を敵雑魚に当て、その吹き飛んだ雑魚をガード不能の人間爆弾として、ガードしてる武将にダメージを与える様な使い方もできる。

C5

一瞬溜めてからの両手斬り上げアッパー。C2と同じく発生速度が遅く、顔あり武将には少しでも離れてると連続技にならずガードされてしまう。
追加攻撃のCDは地上に向けて圏を投げつける一種の飛び道具の様な攻撃。しかし微妙に投げつける角度が浅く、雷C5や凍結C5だと地上に残った敵に追撃が当たらない。単体戦専用技としても集団兼用技としても性能が中途半端で使えない。

C6

孫尚香の主力技の1つ。一瞬溜め動作を行った後に、物理法則を無視した動きで自身の周囲に投げた圏を纏わせ、まるでチェーンソーの様に周囲の敵を3回~5回斬りつける。
属性効果は最後の一回転に発動するが、最後の一周だけ回転半径が小さくなるので、属性が付いてる攻撃だけが当たらずに敵をダウンさせてしまいやすい。雷玉時は接近して使わないと雷を発生させにくいので注意しよう。
最大の利点はガードされた後の隙が殆ど無い事。ガードされると隙だらけのCRと違って安心して出せるのは心理的に大きい。C攻というよりもN攻途中止めに近い感覚で使っていける技だ。
しかし欠点もまた大きくて、最大の難点はN攻から連続技で繋がらない事。連続技に組み込むにはCR→C6など一度浮かせてから繋げる必要がある。
また順番が「浮かせて回転斬り→属性発動」の順番なので、氷玉の凍結が発動しなかったり炎玉の燃焼ダメージが稼げず勿体無かったりする。ただ氷玉の場合は凍った敵にC6を当てればC6の空中コンボ補正が取れて威力が上がるし、炎玉の場合は浮かせてから当てればロックタイプのC6として長時間空中に浮かせて燃焼ダメージを稼ぐ事もできるので、一概に無駄になるとも言い難い。
基本的には青ゾーン側ではCRでダメージを期待し、敵の反撃が怖い赤ゾーン側ではC6の使用頻度を増やして安全に戦う事になるだろう。

その他

D攻

ヒットすると相手を気絶させる効果がある。気絶した敵にそのままC6を繋げれば攻撃の初手として中々悪くないスタートが切れるだろう。地味だが確実に役立つ技。
横斬りタイプなので攻撃判定も中々広い。また前方にスライドしながら斬るので弓兵に突っ込んで一掃する技としても使える。

J攻

体を斜め横に倒しこむ様にして回転斬り(つまり縦斬り)を繰り出す。凝った動きの割には縦斬りになってしまうので攻撃範囲が狭くなって逆効果だったりする。発生は早い方だが判定が左右に狭くて微妙なので使い難い。

JC

これまたアクロバッティブな動きで宙返りから踵落としで落下し衝撃波を繰り出す。わざわざ専用モーションの凝った動きだが性能は他キャラの普通のJCと変わらないのでイマイチ使えない。脚の速さを活かして弓兵を倒すのに使う位だろう。

弾き返し

ベースになるモーションがC4な上に、C4と違い発生速度がとても速いので非常に優秀な弾き返し。広範囲攻撃のC攻がどれも隙が大きい孫尚香にとって非常に有り難い技。リーチの長い部分を敵の大勢居る所に当てられる様にスティックで方向調整しておこう。

名乗り

「行くわっ!」軽快にクルっと宙返りして京劇の俳優の如く大見得を切る。他キャラと同様に騎乗武将を馬から落とす、浮かせての青ゾーン飛ばし、敵にターゲット認知させて青ゾーンに誘いこむ、等に使う。

騎乗攻撃

圏を胸の前で交差させてから、馬の首を避けるように斜め前方~真後ろへと投げつける。要するに正面以外の270度近くをカバーできる。騎乗C攻も騎乗乱舞も軌道は同じ。
他の武将と違い左右を「同時に」攻撃できるので死角が少ない。しかし投げつけた圏が戻ってくるまで次の投擲を行わないので、攻撃間隔が他キャラの約半分と非常に遅い上に、騎乗攻撃力が大した事無いので結局弱い。素直に下馬して斬った方が早いだろう。

無双乱舞

孫尚香の技の中で最大ダメージを出せる最後の切り札。地上ヒット乱舞なので威力が大きく、対単体武将戦でのダメージ源となる。移動距離が長いのでガードされても裏周りヒットを狙おう。もちろん集団を素早く一掃したい場合や緊急回避にも使っていける頼りになる性能だ。
注意点としては、圏を右に投げる→左に投げる…と攻撃判定がチグハグなので単体相手には途中からスカってしまいやすい事。対単体武将戦で使う場合には十分に接近してから使う様にしよう。

真・無双乱舞

真無双乱舞になると、敵を空中に浮かせるようになってしまう。敵にスカる可能性が減ってヒットさせやすくなるが、空中コンボ補正が入りダメージは約半分に低下。緊急時以外は体力はこまめに回復しておきたい。


主な戦法

キャラ概要

広範囲攻撃のC攻が豊富に揃っているので使いやすく、、脚も速くて手数で押せる上に乱舞も威力があるのでテンポ良く爽快に攻められる。使える攻撃がハッキリしてるので動かし方も分かりやすく、初心者にもお勧めのキャラと言えるだろう。
通常攻撃は完全な近距離タイプでリーチが短いが、C攻はCRもC4もC6も集団向けの性質が強い。そこで集団戦は主にC攻に頼る事になる。ただ細かく見ていくと、どのC攻も一長一短の性質がある。
敵が弱い間は適当にプレイしていても孫尚香のスピードで強引に攻め立てて誤魔化せるが、敵が強くなってきたら、状況に応じて的確にC攻を選択できる判断力が求められるキャラでもある。

対集団

対集団でのC攻の選択肢は主に3つ。それぞれメリットとデメリットがあるので使い分けが欠かせない。
・CR…ダメージ○、発生○、ガード時の隙×、技後に喰らうと浮かされる
・C6…ダメージ×、発生×、ガード時の隙○、連続技で繋がらない
・C4…ダメージ△、発生△、ガード時の隙△、人間爆弾でガード無視を狙える
孫尚香の場合、通常技のリーチの短さとC攻の攻撃範囲の広さの差が極端に大きいので、N攻途中止めを繰り返して…という戦法は効果が薄い。最終的にはC攻に繋いで行かないと集団相手のダメージソースとして期待できない。
(1)CR…真っ先に狙いたいのはCRだ。孫尚香のC攻の中ではダントツで発生が早くてCR耐性もあるので敵に潰される事が少なく、攻撃範囲も広くて威力が高いのが嬉しい。
しかしガードされるととてつもなく大きな硬直があって隙だらけという致命的な弱点を持っている。しかもCRなので隙に攻撃を受けると浮いてしまい一気にピンチになってしまう。
端的に言えば薄赤~赤ゾーンでは使用を控えよう。無色~薄青なら強気に使用して構わない。
(2)C6…ガード時の反撃のリスクを押さえたいならC6を出していく事になる。こちらはCRと対照的にガードされても隙が少ないが、これまたN攻から連続技で繋がらず技が出るまでに若干隙があるという欠点がある。
ガードされても大丈夫という安心感はあるが威力が小さいのでローリスクローリターンな感がある。
(3)C4…出るまでが遅いが連続技に繋がる位には早く、ガードされた後の隙もそれなりにあるが先端をガードさせてしまえば反撃は受け難い。CRとC6の隙間を埋めるような性能がある。
正面へのリーチが短いので、敵までの距離によってC6/CRとは使い分けていく必要がある。
また、敵雑魚の中に武将が混じっていた場合、C4で雑魚を吹き飛ばしてガード不能の人間爆弾を発生させて敵将のガードを崩す場合にも使う。

対単体

集団戦では色々と頭を悩ませる事が多い孫尚香だが、敵雑魚を一掃して単体武将とタイマンに持ち込めれば、比較的狙いはシンプルになってくる。
最大の狙いはめくりヒットが狙えるCRと無双乱舞。CRは武器レベルが上がって追加攻撃が加わった状態なら、移動距離が増えるので敵武将にCRをガードされてもそのまま裏に周りこんでめくりヒットから気絶状態に持っていけるのだ。
ただし、万一CR中の方向調整を間違えて敵武将にフィニッシュまでガードされてしまった場合は、反撃を喰らって一気にピンチに陥る。
敵雑魚が中途半端に残っているのに無理してガードの堅い武将に斬りかかってしまうと、雑魚兵に押されてヒットさせる位置がずれたり、CRの〆部分に弓を喰らって浮かされて反撃を喰らったり、予定が狂ってしまう。
敵武将を相手にする際は、邪魔をされないでタイマンに集中できる環境づくりをまず優先しよう。
挑発を喰らって敵陣に突っ込んでしまった味方武将の救援など、何らかの理由で赤ゾーン側に踏み込んでしまった場合は、雑魚のガードが固くなり、雑魚を全部払ってタイマンを迎える余裕が無い場合もある。
そんな場合は、誘い技としてC6を使って見ると良い場合もある。C6はガードされても隙が少ないので、C6終了後に弾き返しを準備しておくのだ。高アルゴの敵はガード後にN1やJ攻を積極的に出そうとしてくるので、敵が武器を振りかぶる動作が見えたらすかさず弾き返しを入力しよう。
これで周囲の雑魚を一旦吹き飛ばしつつゲージが溜まるので、離脱する余裕が生まれるだろう。敵兵の勢いが激しくてもう一度近づかれそうな時は、ガードしてる敵武将に雑魚兵をC4人間爆弾でぶつけてガード不能攻撃で吹き飛ばし、その間に場所を変えて戦いやすいフィールドに持ち込もう。

拠点制圧

敵の耐久力が低い状況なら、広範囲攻撃と乱舞で敵兵をザクザク倒せるので、拠点内の敵殲滅を積極的に狙っていける。広範囲攻撃を多数持つのに脚も速く乱舞での1発もあるので乱戦にも強い。青ゾーン撃破も果敢に狙って戦闘の速攻終結を目指すのも悪くないだろう。
対集団の項目で述べた様に、孫尚香のC攻にはどれも一長一短の欠点があるが、例えば雷玉・鉄甲手・真空書を装備するなど、アイテムの効果でC攻の弱点をカバーしてしまえば強引に攻めていける場合も多い。
孫尚香が1つだけ注意しなければならないのは敵の耐久力だ。
プレイ状況によって敵の耐久力の変動幅がかなり大きい3エンパでは、下手をすると雷玉CRを当てても全然敵の体力が減ってくれなくなる位に敵が堅くなる事がある。
こうなったら斬玉や炎玉など、ステータスに依存しないダメージを与えられる属性玉を装備しておこう。
斬玉の固定ダメージ効果や、炎玉の燃焼ダメージなら、幾ら敵の防御力が上がってもそれを無視して、属性玉のレベルに応じた一定のダメージを与えられるので、非力な孫尚香でも敵に有効なダメージを与えやすくなる。

エディット

モーション補正がそれ程高く無いので、攻撃力の高い能力タイプを割り当てても意外とダメージが伸びない感がある。
素直に知略EDあたりでオリジナルに近い能力を目指した方が無難でアイテム枠の分だけ強くなれるだろう。
【知略】…オリジナル孫尚香の体力と装備アイテム数を2個増やした感じ。N攻が近づかないと当たらない孫尚香の攻撃モーションは、ある程度移動力が無いと活かせないので、知略タイプはバランスが取れている。
【標準】…オリジナルの攻撃力と体力を上げて防御力と無双ゲージの長さを下げた感じになる。装備品アイテム数が1増えるのは有り難い。


属性相性

属性相性コメント
炎玉CR-C6と繋ぐことで燃焼時間を増やせ、高耐久力の敵にもお手軽にまとまったダメージを与えられる様になるので、炎玉が高レベルなら意外と悪くない選択肢。しかし敵の耐久力が低い序盤や炎玉が低レベルの間は殆ど恩恵がない。
氷玉C6で浮いてしまうので凍結が狙えないのは痛いが、逆に凍結CR→C6でC6を地上ヒットにできる。凍結が終わる寸前にC6が終わるのでそのままN攻を出せばちょうど凍結が解除された敵に再度N攻がヒットして地上コンボを続行できる。ゲージを温存したまま(孫尚香にしては)威力のあるコンボが狙える。
C攻が広範囲なので凍結させる機会が多く、敵が凍ってくれたおかげでピンチを脱せたという場面も割と起こりやすい。氷玉が余ってるなら決して無駄にならないだけの効果はあるだろう。
雷玉孫尚香のC攻の隙の大きさを補ってくれるので防御面が強化され安定して戦える様になる。真空書と鉄甲手があれば更に効果は増す。最もバランスが取れた属性玉だろう。雷玉が使えるターンは迷わず雷玉を選んでも良いだろう。
問題は火力の上昇が期待できない事。レベル差が大きい場合など、敵の耐久力が高すぎるのに出撃した場合は「自分も死なないけど敵も殺せない」という千日戦争状態になりやすい。そういう状況では斬玉や炎玉に装備変更しよう。
斬玉孫尚香の火力の低さを補って、即死効果や固定ダメージ効果により、耐久力の高い敵にも高いダメージを与えられる。CRで気絶した敵への追撃にも、空中コンボ補正が掛からない斬玉は相性が良い。
敵の耐久力が上がれば上がる程、相対的に斬玉の価値が上がってくる反面、雷玉の様に隙のあるC技をフォローできない。よりピンチになりやすいので慎重なプレイを心掛けよう。
烈玉×『…(本当に)これでいいのね?』一応ガードされても隙の少ないC6があるが…属性発動回数が1回では頼りにならない。烈玉と相性の良い削り用の技を持っていない。
毒玉被弾しない自信があるなら背水を装備して攻撃力を補うという手もある。どうせ背水を使うなら、毒玉を装備して更に毒のダメージ1.5倍効果も付加してしまおう。毒状態の敵に仙丹背水C攻を当てるとかなりの減りを見せる。
逆に敵がタフすぎる状況では焼け石に水になりやすい。敵が柔らかいなら毒玉や雷玉、敵が堅いなら斬玉や炎玉、と状況で使い分けよう。

アイテム

装備可能アイテム数

武将レベル12345
アイテム数123

装備アイテム数が少ないのでアイテム選びは悩む事になるだろう。
孫尚香はC4とC6の技発生の遅さを補う為に、鉄甲手を装備できると能力がアップしやすい。
また単体武将相手のダメージ源が無双乱舞中心なので、活丹装備で乱舞の回転率を上げるのも良い。
CRは武器レベルの成長と真空書で攻撃範囲が劇的に伸びる。


武器

武器タイプ:刀剣

レベル名前攻撃数攻撃力
1~3夏圏414→17→20
4~6円月圏524→27→30
7~9乾坤圏637→39→41
10日月乾坤圏643
11龍虎乾坤圏646、玄武甲14、神速符19、翔靴12、黄忠弓16

※10、11武器は常に属性が発動。
11武器付加効果のうち、玄武甲と神速符は重宝するだろう。
翔靴と黄忠弓は無駄になりそうだ。弓腰姫つながりで黄忠弓は外せないのかも知れないが。


特殊イベント

イベント名発生条件
束の間の語らい自勢力に孫尚香と劉備が居て、両者の勤続ターン数が6以上で発生。直前ターンまでの両者の出撃回数が少ないと発生しない事も。
弓腰姫と仁の男演技モードで、自勢力が劉備または孫堅で、孫堅勢力に孫尚香が居て、劉備勢力と孫堅勢力が同盟を結んだ場合に発生。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-23 (月) 01:55:53 (858d)